u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

わかりにくさ

昨日の地震は最大震度が6強だったそうだ。
マグニチュードと震度の違いは一応理解しているが、「マグニチュード7.3、最大震度6強」と言われると「わかりにくいな」と思う。
震度の最大値は7。
最大値は7なのに10等級なのは、震度5弱、5強、6弱、6強と急に小刻みになるからだというが、震度0は無しにして、1-10の10段階の方がわかりやすいんじゃないか。
なんでもかんでも「わかりやすさ」を適用すればいいってものではないが、地震速報だけはまず「わかりやすさ」だろう。

さらに、今回の地震は10年前の地震の余震だという。「余震」という概念もわかりにくい。
前の地震の影響下にあるということなんだろうが、、、
地殻変動の10年というのは、人間の感覚でいう昨日のようなものなんだろうか。
寺田寅彦の「忘れたころにやってくる」というのは、人間の営みと自然の営みの周期のズレを言っているのかな。