u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

『82年生まれキム・シヨン/チョ・ナムジュ』読了

妻に感想を聞くとオススメだというので読んだ。どういう意味でオススメなのかはあまり深く考えないことにする。
つい先日『生き延びるための思想/上野千鶴子』を読み終えたばかりで、まるで意識的にテーマを絞って読んでいるようだが、まったくの偶然。
言語化することで可視化される領域と、言語化することでかえって隠蔽されてしまう領域があると仮定して、社会問題とされることはほとんどは前者だろう。
性差によって生じる問題は、科学(生物学)や歴史・宗教の問題を装いつつ、実際は現在の社会のありようの問題であることがほとんどだから、対処の第一歩は言語化だと考えるのは理に適っている。
キム・ジヨンという架空の人物を描くことは、「女性の半生を言語化している」という意味で性差の問題の処方箋となりうる試みだろう。
実際に映画化されるほどに反響を呼び、多くの共感の声を得ているということだから、ある人たちへの処方箋になっていると言ってもいいのかもしれない。

では男性である自分にとってはどうか。残念ながら処方箋にはならない。
処方箋を書いてほしいと思っていない、つまりそこに問題があることに気づいていない人間に、いきなり「はい、処方箋」と渡してもキョトンとするか、あるいは病人扱いするなと怒らせるか。
よって男性としての自分はこれを処方箋としてではなく、別の意味づけをして読まなければ消化することはできない。
先日の上野さんの本ならば、語られている内容は難しくて理解できないところもあったが文章自体の魅力(知的さと力強さの共存)に引き込まれて読んだ。
この物語の場合は、構成自体が精神科医による診療になっていて、読み手としての自分もキム・ジヨンを対象化して傾聴(書かれている言葉にだけ集中)するイメージで読めたのが挫折せずに済んだ理由かなと思う。
こうやって別の意味づけをしてでも、異性である他者の言葉に触れることは、それを内在化させることにつながる。とても長いプロセスではあるが「問題」解決に逆行するものではないだろう。