u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

ひっかかり

「言葉で同じことを言うことができるようななにものも絵画の中では表現しないという決心を意味する」
なかなか進まないなりに少しずつ読み進めている本の一節。エドゥアール・マネ(1832-1883)の革新性について書かれたもので、「マネとともに絵画は寓話的であることをやめ」たのだそうだ。
「寓意的であることをやめ」たというのは、聖書などの言葉として書かれたものあるいは語られるものの一場面を切り取って絵画として示したり、描かれるアイテムに寓意を含ませたりすることを避けたということで、そういった解説とともに見るとなるほど革新的だったかもしれんなあと思う。
でもなんかモヤモヤして、なんかひっかかるなと思う自分がいる。考えがまとまらん。何にひっかかるのかもうちょっと考えてみよう。