u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

ピアノ

先日、自分が感じるピアノとギターの違いのことを書いた。
「ピアノは音楽を構成や構造で捉えるのに適しているが、それを超えたとらえ方をするには他の楽器以上にハードルが高くて、ドミソをドミソと考えずに聴く・弾く練習をしないといけないのだろう」と。
そのアプローチとしては、ブルースピアノのように曲をクリシェのかたまりとして捉える方法が一つ。あと、ある音階(スケール)を想定してそのスケール内の音の配列として捉える方法。
つまりジャズの歴史そのものということになる。
ピアノという楽器自体はジャズにおいては主役ではないが、音楽の捉え方という意味ではその変遷もしくは葛藤をわかりやすく示してれる楽器だと言えそうだ。