u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

もったいない

都内の往来が一気に増えた。帰りの京急は一時ガラガラだったこともあったが、今日はちょうど席が埋まって、ちらほら立っている乗客もいる感じ。車両の端の方から反対の端の方までざっと見渡すと、全員もれなくマスクをしていた。

付けているマスクは9割以上の人が市販の不織布マスク。手に入らない状況はほぼ解消したのだろうか。悲しいことに全世帯配布の布マスクをしている人はゼロ。数百億かけて配布した(配布中)のマスクを誰も必要としていないという不要不急ぶり。

日本人お得意の「もったいない」スイッチが入れば少しは使われるようになるだろうか。

ただ、多分「もったいない」というのはいったん使いはじめたものに対して覚える感覚であって、使われる前のものにはそのように感じにくいかもしれない。

使われないマスクよりも、使ってしまった数百億がもったいない。