u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

BGM

某カフェのBGMでジャズのピアノ曲が流れていた。知らない曲だがブルーズをベースにした曲。いい感じだなと思って気持ちよく聴いていたが、ココという時にガッと来ずにふわっと流れる。カフェのBGMだからあんまり主張するのはよくないんだろうが、そんな調子が続くとだんだんとイライラが募る。
感覚的なことは共有するのが難しいが、ジャズに「おしゃれもありだ」と譲歩できたとしても、ブルーズには「おしゃれもありだ」とはなれない。
素朴なのはありだし、粋なのもありだが、おしゃれはなし。どこか歪んでいるか尖っているかしていて、それが聴き手の心をとらえるんじゃないかと思う。
カフェを出て、モヤモヤを晴らすのに何曲か試したが、リー・モーガンが一番効いた。