u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

遊び心

とてもとても寒い朝。雪が積もっているかもとカーテンを少し捲って外を見たが、雪ではなくて雨だった。

ホッとした。

このあいだ、同じように予報で「ひょっとしたら明日は雪かも」という時に、高1の娘に雪になったら嬉しいかと聞いたら嬉しいと言っていた。学校が休みになるかもとか、そういう意味ではなくて純粋に嬉しいようだ。

ふと、娘は小さい時「あそぼ!」という言葉が大好きだったことを思い出した。「あそぼ!」はオールマイティだった。

「雪が降るかも」という予期は「あそび」に対する期待に通じるものがあるように思う。

今朝、雪じゃなくてホッとした自分にも、ほんの少しだけ残念だなという気持ちがあった。これが今の自分にある「遊び心」なのだどしたら、もう少したくさん「遊び心」があってしかるべきだな。