u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

エセかもしれないが

集中して読めるものがなくて、何となく手に取った本を拾い読み。

その中に「自分から他人がどう見えるか」と「(自分も含めた)周りから自分がどう見えるか」が一致するとき、そこに黄金比が現れるのだという話があった。

「自分が社会をどうとらえるか」と「社会が自分をどう見ているか」が一致する時にもっとも美しい調和が生まれる。

 

疑似科学のニオイが強いプンプンするが、言っているのはラカンだという。ならば、やっぱ疑似科学か、、、。

エセだとしても、モノの捉え方としておもしろいなあと。

ま、おもしろくない「エセ」には、エセの価値すらないのかもしれないが。