u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

『百鬼園随筆/内田百閒』読了

軽いエッセー集なのにやたらと時間がかかったのはこっちの事情で本に非はない。

が、おもしろいかどうかというと期待したほどじゃなかった。「明石の漱石先生」「無恒債者無恒心」「百鬼園先生幻想録」が印象に残ったくらいかな。

「漫筆」「漫録」というタイトルが目につく。きっと漫然と、それこそ借金に追われてある事ない事、ない事あること書いてたんだろうから、こっちも漫然と読んでも後ろめたさを感じることはないだろう。