u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

『引き抜き屋(1)/雫井脩介』読了

ミステリーだと思って読み始めたから、いつ殺人事件が起きるのかと思いながら読み進めるうちに、どうも違うみたいだと気づいたのは半分過ぎ。「それならそうと言ってくれたら」と言ったところで、本はモノは言わないし、言えたとしても自らネタばらしすることはない。

モードを切り替えて読むと、このほんわかと軽い感じはとても楽しい。生き馬の目を抜くビジネスの世界、ヘッドハンターの新米、鹿子小穂の成長物語。2巻もあるらしいので読んでみようかな。