u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

『太陽と乙女/森見登美彦』読了

デビューから十数年の間にあちこちに書いたエッセーをまとめたもの。
内容の重複するものが結構があるので適当に読み飛ばしながら、それでも結構楽しめた。
学生時代の話、デビューのきっかけをつかむまでの経緯、連載を抱え込みすぎてパンクした時のことなど、
エピソードそのものもおもしろいけれど、そこに一貫する思考・行動パターン、もしくはそれを表現する文章の型に妙に親しみを覚えてしまう。
自分にとって親しみやすいもの、わかりやすいものに走ることに若干の後ろめたさを感じながら、最近心が荒れ気味なのでいい息抜きになった。