u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

珈琲店

横須賀某所の星乃珈琲店に入った。
タリーズにはよく行くけど、この星乃珈琲店は今日がはじめて。

なんとか珈琲店というのをよく見かける。
上島珈琲店コメダ珈琲店、星乃珈琲店などなど。
上島珈琲店UCCのことだというのでわかりやすいが、星乃珈琲店とコメダ珈琲店は区別がつかない。
今日はじめて星乃珈琲店に入って、食事のメニューが充実していることに驚いた。コーヒー店と言うよりレストランだ。
ひょっとして競合は喫茶店じゃなくてファミレスなのかな?
だとしたら「珈琲店」と名乗ることで、少なからず客を逃していることにならないかな?
まず食事メニューが充実していることが伝わりにくいし、そもそもコーヒーが嫌いな人は「珈琲店」という名前で敬遠するだろうし。

これが狙いなのかな?
「珈琲店」と名乗って、あくまでコーヒー好きをターゲットにすることで家族連れや中学生・高校生のグループを遠ざける。
客層を、成年〜中高年の1人ないし少人数のグループに絞り(ファミレスとの差別化)、食事メニューを充実させることで客単価を上げて(ドトールタリーズなどとの差別化)リピーターを呼び込む。

ちなみにコメダ珈琲店の方はどうなんだろう?
こっちも入ったことがないので今度行ってみようかな。
ついでに上島珈琲店は本拠地の神戸でよく目にはしたが入ったことはない。
こっちも試してみようか。