u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

クシャミとダジャレ

傍迷惑なオヤジの所作を挙げればキリがない。
すでに立派なオヤジの年齢に達した自分だが、「これをやったらおしまいだ」と思っているのが、大声のクシャミとダジャレの連発。

とはいえ、クシャミは止めようと思っても止められない。
突然催す生理現象は意志で抑えられるものではない。
せいぜい音が小さくなるように、息を止めるか、下を向くか、ハンカチなどで口を押さえるかといったことしかできない。

同じように、ダジャレは止めようと思っても止められない(?)
突然思い浮かんだひらめきは意志で抑えられるものではない(?)
せいぜい小声で、つぶやくように、短く簡潔に済ませるといったことしかできない(?)

・・・ということで抑え切れず漏れ出したダジャレ2発

連日の夏の日差しにもかかわらず、関東地方の梅雨明けコールはまだだという。
そんなこととは「つゆ知らず」

先日コンビニの駐車場から出るときに、暗がりで歩道の段差に気づかずに車を出してしまい、車体の下面をこすってしまった。
「段差 イン ザ ダーク」