u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

dumb bell=鉄亜鈴

ダンベルがdumb bell「音の出ない鐘」だと知った。その昔、鐘にロープを付けて滑車を通して持ち上げる筋トレ法が流行ったらしい。目的は筋トレだから、音を鳴らす必要はない、というより鳴らない方がいい。ということで、「音の鳴らないベル」dumb bellと言うようになったのだとか。
鉄アレイは、漢字で「鉄亜鈴」。「亜」はもともと「唖」と書いたそうで「口をきけない」の意味。「鈴」はそのままの意味。つまり「鉄亜鈴」は、dum bellを直訳しただけの言葉だという。外国語を取り込むとき、日本語にはカタカナがあるから、音をそのままカタカナ表記にすることが多いが、鉄亜鈴については、なぜか語義の直訳で取り込んだことになる。なぜだろう?直訳しても、用途も見た目も全然思い浮かばないのに。