u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

色褪せず

どんよりと曇り空。
5月も中旬で、早くも梅雨が近づいているのだろうか。
梅雨になるとなぜか聴きたくなるLed Zeppelin
気持ちが先走ったのか、梅雨入り前なのに急に聴きたくなって、Tangerine を聴いた。
この曲と次のThat's the way は、10代の一時期(たしか18歳の時)頭の中でエンドレスで響いていたことがあった。

歌詞の冒頭で、
Measuring a summer's day, I only finds it slips away to grey
「夏の日(一番よかった頃)からすると、ただ色褪せてしまうだけだ(たぶんこんな意味?)」
と歌っているが、この曲に感じる美しさは、いま聴いても色褪せない。