読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

健康診断

年に一度の健康診断で横浜へ。ここ3年ほど同じところで受けているのは、検診後30分ほどで結果のフィードバックをくれるとところが気に入っているから。
検査項目の中で一番苦手なのが超音波診断。
採血もバリウムもなんてことはないが、この超音波診断の時は、いつも体が固くなって「楽にして」と何度も言われてしまう。
お腹にゼリーを塗って、パソコンのマウスのような器具をお腹の各部に押しあてていく。それほど強く押されるわけではないし、ちっとも痛くはない。問題は体勢。仰向けになり、両手を上げて無防備な状態でお腹を触られると、どうしても反射的にお腹を庇おうと力を入れてしまう。
嫌だな、早く終わらないかなというネガティヴな気持ちが器具にも伝わったのだろうか、なんと検査途中で機械がフリーズ。「ちょっと待ってください」と言いながら焦る検査士。立ち上げ直している間に聴力検査や心電図を受けるように案内されて、再度超音波室に戻る。「すいませんが、もう一度最初からお願いします」と頭を下げる検査士。笑顔で「構わないです」と言いながら、心で泣く。再び無防備な体勢で我慢のひと時を過ごした。
幸い検査結果はほぼ問題なし。体重1キロ減。去年高かったコレステロールも少しマシになり褒められた。