u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

非と反

ニュース記事で、「反人道的」という言葉が目に入った。
「人道的」の打ち消しは「非人道的」だと思っていたが、「反人道的」という言い方もあるのか?

「非」と「反」にニュアンスの違いを見い出すとすれば、
人道的(+10)ー 非人道的(0)ー 反人道的(-10)
という感じだろうか。
「非/不/無」はゼロ、「反」はマイナス。例えば、不動は動きがない、反動は逆向きの動き。
つまり目にした記事は、あえて「反人道的」と言うことによって、逆行する力の大きさを暗示したのかもしれない。

あるいは、”anti-humanism”の訳語として「反」を使ったという考えもある。
ならば「非人道的な」という形容詞に相当する英単語は、anti-humanisiticなのかというと、どうもこれは一般的な単語ではなく、inhumaneの方がしっくりくるようだ。

「反社会的」という言葉につられて、「反人道的」といったという考えもある。
「反社会的」行為は、同じ社会の構成員が共有しているはず社会通念を逸脱する振る舞い。
「反人道的」行為は、他国民など社会通念を共有していないが、同じ人間として共有しているはずの共通感覚を逸脱した振る舞い。
うん、これが一番可能性が高い気がしてきた。