u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

午前中

午前中マンション管理組合の会合に出る。
築年数のかさんだマンションなので、大小さまざまな問題が山積している。
その中でも去年から某問題で一部の住人が賛成・反対で対立し面倒な事態になっている。
今日の会合はその問題を論じる集まりではなく、単に来年度の委員を決めるための準備会合だったのだが、会合に出かける前にウチに電話がかかってきた。
近所に住む某氏だ。
まさに出かけようとしている時に、回りくどくこちらの反応を伺うような話し方をする某氏。
要するに、彼は反対派でたまたま委員をしているオレをその陣営に取り込んで、今日の会合で反対派としての意見を述べさせたいということらしい。こっちは一部の住人の対立に関わる気はないし、どちらかと言えば「賛成」。
そもそも意見があれば自分の口で言えばいいのであって、人の口を借りて自分の意見を言わせようとするのには納得できない。
やんわり断って「ご自身が今日の会合に出ればどうですか」と答えた。
高齢化が進むマンションではコミュニケーションはいまだに「電話」と「回覧」頼りで、政治手法は「根回し」だ。午前中のたった1、2時間のことだったが、どっと疲れた。