読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

『芸人迷子/ユウキロック』読了

文字を読むというよりは感情そのものを読んでいるような錯覚を覚えるほどの凄まじい熱量で、途中で止まることができず一気に読みきった。
漫才コンビ、ハリガネロックユウキロック氏が、養成所時代から2014年のコンビ解散までを語った本、、、とまとめるとなんか少し違う感じがする。
時系列がぐちゃぐちゃで、すべてがいまの話のように語られている。と言ってもファンタジーの世界を描いているのではなくて、いつの話、だれの話ということはハッキリと記されている。
時間は混濁しているのではなくて、どの時間を切り取っても、同じ覚醒状態で突っ走っていたことの証なんじゃないか。
怒り、不満を燃料にし、自負と自己否定とを回転させて自分を突き動かす様は、その名のとおり「ロック」だと思った。