読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

『教えること、裏切られること/山折哲雄』読了

師弟の間には、本質的に抜きさしならない競合と背反の関係があるのではないか、という仮説のもと、何組かの師弟を挙げてその実態について語る。
内村鑑三と斎藤宗次郎、夏目漱石和辻哲郎柳田国男折口信夫棟方志功柳宗悦正岡子規高浜虚子親鸞法然親鸞唯円道元と明全・如浄。
面白かったのは、正岡子規高浜虚子内村鑑三と斎藤宗次郎のエピソード。斎藤宗次郎という人を知らなかったが、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」のモデルではないかと言われているのだとか。

ただ全体としては、仮説を実証するといったものではなく、各組のエピソードの紹介と「こんな風にも言えなくはない」的な著者の主観に基づいた論評がメイン。
師弟間に特有の心理なんかが書かれていたらもっと惹かれたかもしれない。