読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

家族の課題

子どもはまもなく冬休み。
学校の三者面談は妻に頼んだ。
学校での様子を聞く限り、学校生活には大きな問題はないようでとりあえず安心した。
精神面では思春期らしさというのか、いろんな面で変化しているのを感じる。
親として難しさを感じるのは、「変化」を「成長」と言い切れない場面に遭遇した時。
つまり「変化」はいつも好ましいものだとは限らない。もちろん「好ましい」というのが親の主観に過ぎないことは百も承知で言っている。
さて、どうするか。

自分たちの価値観からは想像のつかない言葉が出てくると、何を大切に思うかが根本的に違っているように感じられて面食らうこともある。が、違っていることを受けいれながら、むしろこちらが成長しないといけないんだろう。
異質な者同士の共同生活、これが家族にとっての思春期なんじゃないかな。