u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

どうせ読むからには

少し重たい小説を読み始めた。
ホラー映画を見ないのは、まず何より怖いのはイヤだからだが、それとは別に、どう感じるかがわかっていて、そのことにわざわざ時間を費やすのが無駄だと思うからという理由もある。
答えのわかっている問いの答えを新鮮な気持ちで導き出すのは難しい。
で、読み始めた小説。ホラーではないが、テーマとタイトルで何の話かは明らか。たしか映画にもなっていた有名な作品。陰鬱な気持ちになることは間違いない。だから、これまで妻に勧められても後回しにしていたのだが、このまま読まないわけにはいかないだろうと思い立った。
どうせ読むからには、ありきたりの感情を抱くことに満足せず、何かしら考える題材にしたいところ。