u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

ポジティブ

自分はどちらかというと楽観的でポジティブな性格だと思っている。
が、一般的な意味でのポジティブとはズレている自覚はある。
ただ、自分がズレているんじゃなくて、一般的な意味でのポジティブの方がヘンなんだと思っている。
「それはポジティブなんじゃなくて、ノリがいいだけなんじゃないの」みたいに思うことがよくある。
ノーとは言わない、その場の空気に水を差さない、あと、過去の失敗や想定される懸念点を口にしない。
こういう姿勢をポジティブだと言って持ち上げるならば、インパール作戦に臨む日本軍のメンタリティだってポジティブってことになるだろう。

ポジティブであることとリフレクティブであることは相反しない。
反省は過去を振り返ってするものだけど、後ろを振り返ってから、そのあと前を向いたらポジティブだ。
むしろ前向きになるためには、振り返りが不可欠だと思うのだが・・・。

威勢がいいだけで向こう見ずなのは、ポジティブじゃない。
マズイことはわかっているが、その場の空気を壊さないように威勢のよさを演技しているのもポジティブではない。
一見ネガティブな話をとことん詰めて、それでも前に踏み出さずにいられない想いのカケラを見つけられたら、それがポジティブなんだろう。
でも、そういう場を見つけたり、そういう関係を築いたりするのはなかなか難しいものだなあ・・・(とネガティブに締める)