u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

秋分の日

何の日だかはわからんが、とりあえず休みは嬉しい。
でも9/22って何の日だっけ?
と一瞬「秋分」というのが思い浮かばなかった。
秋分の日といえば9/23の日付が頭に焼き付いている。
考えてみれば春分の日が3/20と3/21を行き来しているのだから、
秋分の日も理屈は同じだろう。
ところが、なぜ9/23の印象が強いのか?
調べてみると、生まれてから今年まで、秋分の日が9/22に当たるのは2012年が初めてで、今回が2回目。

大正から昭和(戦前)にかけては、9/23よりも9/24の方が多く、
1948年から1979年までは4年に1度9/24で、その他は9/23、
1980年から2011年まではずっと9/23だった。
2012年以降、これからしばらくは、4年に1度のペースで9/22になるのだとか。
個人のレベルで当たり前だと思っていることは、せいぜい数10年のレベルの経験や印象にすぎないってことか。