u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

記憶

朝から部屋ごもり
午後になって「さすがにこれは体に悪い」と思って散歩にでかけることにした。
久しく行っていなかった某所がふと思い浮かんだので、そこへ行ってみた。
一時期毎日のように通った場所は立体駐車場になっていた。

ただ記憶というのは「どこそこに何がある」といったことばかりじゃない。
陽光の記憶、風の記憶など、その場に立つと呼び起される記憶があることに気づかされる。
せいぜい小一時間の散歩だが、遠ざかっていた年月分の旅をしたような錯覚を覚えた。