u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

巻き戻し再生

朝から振り返って、会った人やあったことを思い返すと、どこかに引っかかりを感じることがよくある。
「引っかかり」というのは、必ずしも悪い意味ではない。
その場では思い至らなかった別の解釈について思いめぐらす「きっかけ」というのに近い。

「言ったこと、したこと、言われたこと、されたことを反芻する」と言うと、
自分の言動をくよくよしたり、他人の言動を根に持ったりしているようにも聞こえるが、そうではない。
そうやって、巻き戻し再生していると、その時起こらなかった別のストーリーを展開し始めたりする。
それを楽しむ。

現実世界の自分は、わりと場当たり的な言動が多い方だと思う。
でも、巻き戻し再生の世界では、もっと冷静に物事を見たり、より力強く決断したり。
自己の虚像といえばそうかもしれない。でも別の見方をすれば、あるべき自分像の模索とも言えるかもしれない。