読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

『ハーバード大学は「音楽」で人を育てる / 菅野恵理子』読了

ハーバード大学スタンフォード大学コロンビア大学など、アメリカの多くの大学には音楽学科があり、
主専攻なり副専攻なり、多くの学生が大学で音楽を学んでいるのだとか。
音楽が学問体系の中のどこに位置づけられるのかは時代によって違っていて、
それを古代ギリシャまで遡って解説する章がおもしろかった。
著者の明確な立場や視点は感じられず、そのせいで若干、大学とカリキュラムと人の紹介記事を読んでいるような気にさせられたが、
逆に、けっこう深く掘り下げた取材記事だと思って読めば、興味深い情報がいろいろあって楽しめた。

メモ
・ハーバードの学生の65%は楽器の演奏ができるらしい。
・最近は「リーダーシップ育成」より「アントレプレナーシップ育成」と言われるが、実際には両者は車の両輪で、
後者は、創造的に考えること、アイディアを生み出し創造的に伝えること、またそのスキル。
前者は、そのアイディアを実行し成し遂げること、と定義されるのだとか。
2つとも最後の方に出てきた話。前半にも、いろいろ「へえ」と思ったが思い出せない・・・・、ま、いいか。