u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

『ドビュッシーとの散歩 / 青柳いづみこ』読了

40編の短いエッセイ。各編のタイトルがドビュッシーのピアノ作品のタイトルになっている。
そんなに詳しいわけじゃないので、知らないタイトルもたくさんあるが、好きな曲のページが来るとなんか嬉しくなる。
好きな曲のひとつ「水の反映」は1905年の作品で当時ドビュッシーがどういった状況にあったのか、「ミンストレル」の正しい訳語は、「帆(Voiles)」は本当は「ヴェール」じゃないか、といった話が興味深かった。
行き帰りの電車と昼休みでぱぱっと読み切った。かなり駆け足の「散歩」だった。