u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

都知事選のニュースを見てうんざり

都民(当事者)ではないが、
連日都知事選のニュースを見ているとうんざりさせられる。
イメージや知名度だけで担いだり担がれたり、タレントオーディションでも始めるつもりなんだろうか。
知事選には50億もかかるらしい。
セコイ知事を引きずり下ろすのに50億もかけるなんて・・・
その結果、本当に知事にふさわしい人物が当選するのならいいけど、
出てきた顔ぶれを見て、これなら50億かける価値がある、前よりもきっと良くなると思える要素がどこにあるんだろう?
ただ、今日立候補を取り下げた某氏については、立候補を取り下げた理由も含めて一貫した姿勢が感じられて好感を持った。
主な候補者の中で、唯一担ぎも担がれもせず、自分の足で立っていたんじゃないか。
で、そういう人に限って「出ない」わけだから、そもそも何を選ぼうとしているのかがズレているんだと思う。
この状況に一番近いのはやっぱりタレントオーディションじゃないか。
野心いっぱいで、自己アピール大好きな好老年。アピールと言っても一点豪華主義で、自分の得意分野のことしか語らない。
前の知事が良かったとは思わないが、「この中から東京オリンピックの直前に任期が切れる知事を50億払って選んでください」って、やっぱりバカげてる。