u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

バーンスタインの音楽講義シリーズ動画

YouTubeで、レナード・バーンスタインハーバード大学での音楽講義シリーズを見つけた。きっと有名な講義録なんだろうが、自分は知らなかった。
基本的にずっとしゃべりっぱなし。時折ピアノを触って実演。
講義内容のおもしろさもさることながら、この人の凄まじさに圧倒される。
ピアノを触る以外は、ホワイトボードに何か書くわけではなく、くどいテロップもない。完全にしゃべりだけの講義。
それを1時間(たぶん全シリーズだと5〜6時間)まったく噛まずに、よどみなく話し続けるのは並大抵ではない。
その上、立ち姿やちょっとした仕草がいちいち様になっていて華がある。

講義ならば板書、プレゼンならばpptやkeynoteのスライドが、「聴講者の理解を助けるツール」としてあたり前のように受け入れられているが、実際には、板書もスライドも「実演者の間をもたせるためのツール」という側面の方が大きい。
「時間と場を支配する実演者にはボードもスライドも不要だ」ということを見せつけられたように感じた。
スキマ時間にちょっとずつ視聴しよう。