u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

Seems like only yesterday

某用件のため、逗子回りで帰る。
逗子には車ではちょくちょく来るが、電車では久しぶり。
数年前まで毎日乗り換えに使っていた駅ということもあって懐かしい感じすらする。
ちょうど下校の時間帯で、近所の私立校の生徒たちがワラワラと歩いていた。このあたりは男女問わず私立校がたくさんあるから、逗子乗り換えの中高生がたくさんいる。
「いいなあ」と羨む気持ちが沸き上がる。
でも何が羨ましいんだろう?
通学路が羨ましいのか、若さが羨ましいのか・・・
そういえば、妻も数十年前は逗子乗り換えで学校に通ってたんだった。
その頃のことを聞いてみよっかな。
「数十年前」というのをことさら強調しないように気をつけて、まるで昨日のことのように尋ねよう。