u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

セリフとSerif

「セリフ」というのは外来語だと思っていた。「競り言ふ」が訛ったもので江戸初期から使われているのだとか。
フォントの書体でSans serifと言ったりするから、勝手にこのserifと関係のあるものなのかと思っていたが、まったく無関係らしい。
Sans serifはフランス語。serifはTimes New Romanとかの字体の端についている「ひげ」のこと。Sansは否定語。Sans serifは「ひげ無し」の字体のことをいう。
ゴシック体は代表的なSans serifのフォント。
ところが「ゴシック体」というのは日本語でしか通じない言い方で、Gothic Scriptはブラックレター(ヘビメタバンドが好みそうな装飾字体)のことになってしまう。
日本語のゴシック体は、Sans Serifで「ひげ無し」なのに、英語のGothic Scriptは、Serif-ful(勝手な造語)で「ひげボーボー」か。
今日はなんとなく忙しくて、「へえ」って思った話はこれだけだった。