u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

エクレア、カスタード

コンビニのエクレアを食べた。
そういえば、シュークリームは英語では通じない(英語では "Cream Puff" )というが、エクレアは通じるのか?
シュークリームは、フランス語のChou a la cremeで、「キャベツ・クリーム」の意味だという。たしかに見た目がキャベツっぽい。(納得)
 
一方、エクレアもフランス語(eclair)だけど、英語でも「エクレア」というらしい。語源は「稲妻」。なぜエクレアが稲妻なんだろう?(謎)
 
中のクリームはとろっとしたカスタードだった。
Custardは英語だが、フランス語のCroustadeに由来する語らしい。Croustadeはクリスプ(Crisp)の意味。
カスタードは「とろっ」としてるのに、元の言葉はCrisp「パリパリ」。(矛盾)
 
言葉が孕む納得感と謎と矛盾。なるほど、世界はその言葉で営まれているわけだ。