u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

『<完本>初ものがたり / 宮部みゆき』読了

江戸下町の岡っ引き茂七が、町で起こるさまざまな事件を、情と粋な計らいとで解決するミステリー仕立ての短編集。
第一編から登場する正体不明の稲荷寿司屋の親父が気になる。タイトルに<完本>って書いてあるから、てっきり最後まで読めば正体がわかるのかと思って読んだのに、巻末にこの親父の正体を明かさないまま勝手に途絶したことを詫びる著者のメッセージが・・・。
だったら<完本>ってつけちゃダメでしょ。著者は時間をかけて続きの話を展開したいって言っているので楽しみに待とう。

人情やら粋な計らいやらといった江戸の町人の行動原理というのか倫理観というのかに若干の反発を覚えつつ、物語りとしてとてもおもしろくて楽しめた。