u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

振り返り

一年の振り返り
今年読んだ本で一番衝撃をうけたのは、『自閉症の僕が飛び跳ねる理由 / 東田直樹』。
いろいろと考えさせられたのは、『アウシュヴィッツの音楽隊 / シモン・ラックス ルネ・クーディー著 大久保喬樹訳』。
これまでにない視点を得られたと感じたのは、『「心」はからだの外にあるー「エコロジカルな私」の哲学 / 河野哲也』。
純粋に楽しめたのは、『夜は短し歩けよ乙女 / 森見登美彦』。
 
今年よく聴いたのは、前半はジェームスブッカーとスカルラッティソナタ。後半は、The Pharcydeチャールズ・ミンガス
 
年初には映画をいろいろ見たいと思っていたが、結局ほとんどみなかった。
そのかわり漫才やコントの動画は結構みた。特に繰り返し見たのはナイツの漫才、あと米朝さんの落語。
 
あっと言う間だと思う反面、1年間の記載を読み返すと「コレも今年のことだったのか」と意外に思うものも多々あった。
短くも密度の濃い1年だった。