u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか / 矢部宏治』読了

日本国憲法の草案執筆についてのエピソード、終戦後の昭和天皇についてのエピソードが興味深かった。


憲法については「指一本ふれてはいけない」という勢力と「悪く変える=人権を後退させよう」という勢力しかいない。
「良く変える」人はいないのか」と嘆く著者。たしかにもっともらしい感じがするが、
「変えようとする」人たちは、変える理由や変える内容が何であれ「悪く」変えようと思っているわけがない。
「改良」と「改悪」は対立しようがないのだから、「改悪ではなく改良を」というのは意味のある提言にはならない。

書かれていることは勉強になったので読んで良かった。