u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

イカナゴの釘煮

実家からタッパーいっぱいのイカナゴの釘煮が届いた。
春先になると頼んでないのに大量に送られてくる。
好物だって言ったことは一度もないのに、大好物だと思い込んでいるみたい。


イカナゴの釘煮というのは郷土料理らしい。
神戸市垂水区が発祥の地という説があるそうで、
だとしたら、まさに地元の名物だ。

実家があるのは神戸市西区だけど、西区ができたのは俺が小3の時でそれまでは垂水区だった。
そういえば、小3の時に配られた折りたたみの神戸市の地図に、新しい区の境界線が引かれていて妙な感じがしたのを急に思い出した。
でもその頃に釘煮を食べた記憶はないなぁ。
はじめて食べたのは中学か高校になってからだと思う。
母がどっかで教わってきたんだったような気がする。
だから俺としては郷土料理だとか、家庭の味だとかいった感覚はない。


母はいちどはじめたら手加減というのをしない人だから、作ると決めたら毎年欠かさず、しかも何人家族やねんっていうくらい大量に作る。
しばらくご飯の友には困らなそうだ。

f:id:u1row1223:20150305201042j:plain