u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

中東の地図を描いてみた

中東の地図を描いてみた。
シリア、ヨルダン、イエメン、オマーン・・・
国名としては知っていても、広さや位置がよくわからない。
地図を見るだけだとなかなか覚えられないので描くことにした。


試しに何も見ずに描いたらとんでもないものになった。
とりあえずトルコ(アナトリア半島というらしい)から書き始めるが、
トルコの大きさに対して、アラビア半島がどのくらいの大きさなのか、カスピ海がどのあたりにあるのかがわからない。
自分の知らなさ加減を十分に認識してから、Googleマップをお手本にオリジナル地図を作成(図1)。
距離感を理解するために、日本地図を当てはめてみた(図2)。


面白いことをに気づいた。
トルコ → シリア → レバノン → ヨルダン → イスラエル → エジプト
の曲線が、ちょうど北海道から九州の4島の曲線と一致する。
エジプトのカイロと大阪がピタッと一致して、東京はイスラエルとヨルダンの国境線上にくる。

とすると、旧約聖書出エジプト記は、大阪から東京(長めに見積もっても山形、宮城あたり)まで行くのに40年もかけたということになる。
う〜ん、たぶん40という数字は「とても長い」という意味の数字なんだろうが、40日ではなくて40年というのは・・・。
それだけ過酷な荒野だということだろうか。


【図1】

f:id:u1row1223:20150215213437p:plain

【図2】

f:id:u1row1223:20150215213513p:plain