u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

『東京ブラックアウト / 若杉冽』読了

原発ホワイトアウト』に続く直近未来小説。
第10章からはほとんど喜劇。
そういえば、『原発ホワイトアウト』の感想も「喜劇」と書いた。
水戸黄門と全員集合をいっぺんに見たようだ」と。


本作は「水戸黄門」や「全員集合」という感じとはちがって、
「もう奥の手しかないのか」というやるせなさが漂う。
筆者が「奥の手」として描いているのは天皇
天皇の心情とふるまいをこんな風に描くのってアリなのかな?


我々には事態を収束する能力が根本的に欠けていて、映画ドラえもんのエンディングに出てくるタイムパトロールみたいなシステムを超越する存在(デウス・エクス・マキナ)がなければエンドレスにドタバタ劇が繰り返される、もしくは破綻する、といったことが示唆されているのかなと思いながら読んだ。

 


Amazon.co.jp: 東京ブラックアウト: 若杉 冽: 本