u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

自主規制

ネットを開くたびに人質解放のニュースが流れてないかとチェックしてしまう。
今夜が期限だという。
気にならないといえば気にならないし(四六時中考えているわけじゃない)、
気になると言えば気になる(新着ニュースをマメにチェックしている)。
他人事であり、同胞に迫る危機でもあるという微妙な距離感。

こういうときには、誰に求められたわけでもなく「言動を慎んだ方がいいのかな」という妙な感情がわき上がる。
「自主規制」はマスメディアに限った話ではなく、個人のものも含めてあらゆる表現・表明に起こりうるということだろう。
社会的な言動の自由を失うというのは、規制や圧力によって制限されるのでなく、自ら制限するものなのかもしれない。
規制や圧力はあからさまだが、自主規制は無言だ。自由と不自由を隔てるものは意外に脆いものなんじゃないかと思う。