u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

Eu sei que vou te amar

ジョアン・ジルベルトの声に耳を澄ます聴衆。
途中から聴衆の方が歌い出す。
アナと雪の女王」は映画館で観客が歌うというので話題になってたけど、

それとは全く別次元。

 

ここにあるのは何だろう?と考えてみた。
ライブ演奏を聴くというのは、演奏者、他の聴衆との時間と空間の共有だが、
この映像のジョアン・ジルベルトと聴衆は、時間と空間の他に、「心」も共有しているようだ。
「時間と空間を共有する」というのは、別の言い方をすると「時間と空間はコンサート会場という制約を受けている」ということでもある。でも「心」は時間や空間の制約を受けない。
同じ時、同じ場所、という制約を受けながら、共有される心はあくまでも自由だということではないか。
なんてすばらしいんだろう。

 

前にも書いたけど、この曲はとても好きだ。
静かな動きのなかに、たくさんの彩りが散りばめられている感じがいい。
「静か」というのは、ジョアンの声量のことではなく(笑)、曲そのものに感じられる印象のこと。
こんな曲が書けたらなぁ。

 


Joao Gilberto-Eu Sei Que Vou Te Amar - YouTube