u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

ドイツ国旗

読みかけの本に、ドイツ国旗の三色の由来が書いてあった。
そもそも「黒・赤・黄」だと思ってたら、「黄色」じゃなくて「金色」だと書いてある。


黒は名誉、赤は自由、金は祖国を表すというが、フランス国旗の「自由・平等・博愛」ほどに明確に意味づけられたものではないようで、他にも説があるらしい。
つまりは国旗の色の意味付けすらはっきりしないほど、国民・民族としてのアイデンティティがあいまいだったということなんだろう。

ドイツ人が「国民」を意識し、民族意識を持つようになったのは19世紀になってからなのだとか。その後の歪んだ民族意識の昂揚を考えると意外な感じもするが、後発ゆえの焦りやコンプレックスが歪みを生み出したのだろうか?


今日はちょっと頭痛がする。
関節痛がないので、たぶん目の疲れだろう。
今夜は目覚ましなしで寝よう。