u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

『青木雄二追悼特集 ゼニとナニワの人生道』読了

ナニワ金融道を描いたのは45歳。これが実質的にデビュー作で、その数年前(40前後)には経営していた会社をたたみ家にこもって『資本論』を読んでいてたらしい。

 

奥さんやアシスタントなど、周りの人が語る青木雄二の人物像も興味深かったが、それ以上に、20代半ば世に出すあてもなく書いた「盛場ブルース」、もうひとつ未発表作品「鉄道」がよかった。

 

この人の魅力の一端は「絵ヂカラ」的な部分にあるのだろう。
ただ『ナニワ金融道』って、個人的にはあんまり正視したくないタイプの絵(完全に好みの問題)なので、あえて避けるというわけじゃないけど手に取ろうと思ったことはなかった。テレビドラマはちょっと見て、緒形拳がカッコイイなぁと思った覚えはある。

 

「絵ヂカラ」に劣らない「目ヂカラ」の強さを持っていたそうで、きっと作品はこの人自身を凝縮したものだったんだろうな。