u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

『杜子春・くもの糸 etc / 芥川龍之介』読了

10編ほどの短編集。子どもといっしょにちょっとずつ読んだ。

「みかん」と「白」が良かった。
「白」は、良心の呵責に苛まれた白犬が黒い犬に変わってしまうという話。
妻は「宮沢賢治との違いがこの話に端的に現れている」と言うが、
オレにはよくわかなない。

いつもは軽いポップな本を読んでる娘だが、一生懸命聞いていた。
いい本があったら、また一緒に読もうかな。

 

http://www.amazon.co.jp/杜子春・くもの糸-偕成社文庫3065-芥川-龍之介/dp/4036506501/ref=la_B003UW35MK_1_78?s=books&ie=UTF8&qid=1417784697&sr=1-78