u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

『ビーサン屋げんぺい物語』読了

地元の有名店の話。

ウチにも、オレと妻と娘それぞれ一足ずつげんべいのビーサンがある。
ついでにTシャツももっている。
知ってる限り定番化しているから、ずいぶん前から有名店だったんだろうと思っていたけど、そういうわけでもないらしい。

今の店主が5代目だというから、古い店であるのはまちがいないが、
ビーサンをウリにしはじめたのは、今の店主になってかららしい。
それまではビーサンも売っていたけど、万屋で「げんべいで買い物をしているところを見られたらはずかしい」と近所の人にウワサされることもあったらしい。

げんべいのビーサンははき心地がいい。指と指の間が痛くなることもないし、水中で履いていても脱げにくい。
はじめて履いたときは、評判どおりの履き心地にちょっと感動した。
素材のゴムや、ソールの形に工夫を凝らしているのだという。

後半は店主の人生訓?みたいなのが並んでて、悪いけど読み飛ばした。

 


Amazon.co.jp: ビーサン屋げんべい物語―葉山の片隅から世界を狙うオンリーワン商店: 中島 広行, 広田 行正: 本