u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

慣れない親切心

ひょんなことから、警察の捜査協力。
いわゆる目撃談というヤツ。
たまたま物損事故の現場を目にしたので、現場検証中の警察官に目撃情報を話した。

(事故を起こした車は、そのまま逃げ去った・・・)

ただ親切心(あるいは老婆心)から情報提供してるだけなのに、
どうも尋問されているような感じがする。

近所での出来事だから、情報提供を逆恨みされるのもイヤなので匿名で話したんだけど、

そうすると
「名乗らないのはやましいことがあるからだろう」
て、思ってんとちがうかなって思って、必要以上に
「いや、たまたま見ただけですけど、」
て、繰り返すことになり、
そうすると
「やたらと「たまたま」って強調するのは、何かやましいことがあるんじゃないか」
て、思ってんとちがうかなって思って・・・

はぁ、慣れない親切心(いや老婆心)を発揮すると気疲れするな