u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

残りを想像

『20歳からの人生の考え方 / 外山滋比古』放棄

オレには合わなかった。
以下はあくまで主観。

半分くらい読んだけど、読み進めるうちにムカついてきてやめた。
「知識より思考」なんていいつつ、その思考の例がありきたりで「浅っ!」

「学校の勉強ができても、考える力がなかったらダメなんだよ。
逆に、学校の学校の勉強ができなくったって、一生懸命考えれることで独創性が身に付くんだよ」

そりゃそうだけど・・・
ていうか、「学校の勉強ができるヤツは考える力がない」という(ガリ勉くんは貧弱的な)類型化、いったい何十年前の話だろう。
知識と思考は相反するものじゃない。
学校の勉強ができるってことは、考える材料をたくさん持っているということで、むしろ考える力は高まるはず。

万事がこの調子。
きっと少年少女向けに、わかりやすくデフォルメしたのだろう、と考えておこう。

著者は若い頃、自分の思考を深めと想像を膨らませるために、
あえて本を最後まで読み切らず、途中でやめて、その後の展開を自分で考えてみるというようなことをしていたらしい。
オレもそれに倣って半分でやめ。後の展開を想像しよう!
残りもきっと全部同じ話だろうな・・・