u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

『海と毒薬 / 遠藤周作』読了

前に読んだのはもう20年も前か・・・
紙やけで褐色になった文庫本を本棚から抜き出して持って出かけた。
例によって、細部は、いや、話の大筋もすっかり忘れていた。

20年前も同じことを感じたかどうかは覚えていないけど、
「良心の呵責」について考えたことはなんとなく覚えている。

今日はこんな風に思った。

いつでも、だれでも、ちょっとした成り行きで罪を犯しうる。
仮に罪を犯しても、それを罪だと思わずにやり過ごす。
仮に自分の犯した罪を罪だと認識しても、それに痛みを感じない。

良心に訴えかけたところで、
虚ろな心を抱く人から返ってくるのは反発か拒絶だけ。
虚ろな心を抱く人は自分ではない、と言い切れる人はきっと幸せな人だろう。
でも、そんな風に言い切れる人は、たくさんの人を憂鬱にさせる人だろう。

http://www.amazon.co.jp/海と毒薬-新潮文庫-遠藤-周作/dp/4101123020/ref=pd_sxp_f_pt
海と毒薬 (新潮文庫)
海と毒薬 (新潮文庫)