u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

『クラウドの未来 / 小池良次』読了

「未来」といっても、「近未来」というか「ほぼ現在」の変化について書かれている。クラウドについての概念的な説明だけでなく、具体的に生活がどうなるのかに言及されていてわかりやすい。ついでに、クラウドの進化による変化(革新)を阻む既得権についての話も興味深かった

はじめに「クラウドとはビジネスモデルだ」と、筆者独自の切り口で語りはじめる。最後は「クラウドとは生活スタイルそのものだ」で締められる。

「ビジネス」であり「ライフスタイル」でもあるか
どっかで聞いたような・・・

そうそう「HipHop」てよくそんな風に言われてなかったっけ。
HipHopとは?
と聞かれて、「オレたちのライフスタイルであり、またビジネスでもある」みたいなインタビュー記事をよく見た気がする。
ま、HipHopに限らず、Jazzとは?レゲエとは?でも同じだけど・・・

ということは「クラウド」とは、いわば音楽のジャンルのようなものということか!

たぶんちがうね・・・

http://www.amazon.co.jp/クラウドの未来─超集中と超分散の世界-講談社現代新書-小池-良次/dp/4062881403
クラウドの未来─超集中と超分散の世界 (講談社現代新書)
クラウドの未来─超集中と超分散の世界 (講談社現代新書)