u1row's blog

作曲、演奏、読書、アプリ制作・・・、生きた証を日々更新

『さびしい王様 / 北杜夫』中断

本棚にあった
『さびしい王様 / 北杜夫
を読みはじめたが、ちょっと気分とちがうなと思い中断した。

ちなみに、本棚にあるたいていの本と同様「妻の本だろう」と思って手に取ったが、「ぜったいに違う」というので、オレがずっと昔に買ったのかもしれない。
そういえば読んだような気もするが、全っ然おぼえてなかった。

ユーモラスでしつこい。
このファンタジーの世界に入れたら、しつこさも含めて楽しめそうだけど、ちょっと今日はそんな気分じゃなかった。

なんでかなと考えてみる。
たぶん「意味がない」話を受けとめる余裕がないんだろう。

頭の中が、ToDoリストに仕切られると、
「意味がある」ことばかり追っかけてしまう。
もしくは、「意味がある」ことばかり追っかけていると、
頭の中がToDoリストに占領される。

することがたくさんあって幸せだけど、
意味がないことを受けとめられないのはつまらない。

『さびしい王様』は、ちょっと間をおいてから読むことにしよう。
その時には楽しめるといいな。